自分にあった学校選び|医療事務の資格を取得するために通学しましょう

自分にあった学校選び

ウーマン

資格の特徴

保育士の資格を取れる養成校には4年制大学や短大、専門学校、大学の通信課程があります。4年制大学に行くより、短大や専門学校に行って、資格を取り、就職する人が圧倒的に多いです。保育士は現場で学ぶことが多いため、2年間多く、学校に通うよりも、早く就職した方がいいという意見もあります。短大では、小学校教諭2種免許を取れるところがあります。ただし、小学校教員の採用試験の合格者はほとんどが4年制大学卒であり、小学校教員にも興味がある人は、4年制大学に行った方がいいかもしれません。保育士不足が叫ばれている昨今、保育士の需要は全国的に多く、社会人から保育士を目指す人も多くいます。その場合、大学の通信課程を選ぶ人も多いようです。

目的によって選ぶ

保育士は長年の実績と信頼のある学校に求人が集まります。地元で就職したければ、地元の実績のある短大に進学するのがベストでしょう。4年制大学で教育関係の学部を卒業すると、学校のカウンセラーや子供の発達相談など専門性の高い職業に就くことも可能です。保育士以外の教育の仕事に興味の深い人は、4年制大学への進学を視野に入れてもいいでしょう。幼稚園教諭は専門学校、短大では2種の免許が取得できます。4年制大学では1種が取得できますので、幼稚園教諭に興味のある人は4年制大学もお勧めです。保育士にしか興味がないという人は、迷わず、専門学校か短大を選んだ方がベターでしょう。より早く現場に出て、給料を貰いながら、学ぶことができます。